Menu in CSS Css3Menu.com

作・演出 芹川藍

2016年2月28日にひたちなか市文化会館小ホールで行われました「朝日のあたる店」
公演のたびに増え続けるお客様から、おおきな拍手をいただきました。
これからも地域に根ざした表現集団として活動を続けていきます。

〜あらすじ〜

元気な声が行き交う「あけぼスーパー」が開店の準備に追われている。そんな中、パートとして働き始めてまだ二週間の藤堂は仕事に慣れないでいた。
そんなある日、朝から雨が降り続き、ついに警報が発令された。店のなかにも水が流れ込み大変な騒ぎとなる。藤堂は自宅に帰れないと家に電話するのだったが。
自分を変えようと、小さな勇気をもって一歩踏み出した藤堂さんの一日の物語。

〜観劇感想〜

・みなさんが楽しそうにお芝居をされていて、観ているこちらも気分がよかったです!
・皆さんの和が素晴らしかったです。たくさんの元気とPowerをいただきました。
・趣味の域を超越している。クオリティの高さに驚き、感動した。熱いものが伝わってきた。
・ここまでの作品を創り上げるのは時間と体力と気力と団結力。今を生きるってことを改めて思わせてくれるお芝居だった。
・演劇経験の無い方をここまで押し上げ、まとめ、素晴らしい作品に仕上げるのは演出の方の手腕に尽きると思います。ただただ圧巻です。



<前回の公演>

ひたちなか市イキイキ表現団SOU・SOU公演
「桜荘の人々。」へ

ひたちなか市イキイキ表現団SOU・SOU公演
「太陽がいっぱい 〜虎塚に願いを〜」へ